2020年01月08日

エイエイオ~!  ビオトープづくりで鬨(とき)の声!

エイエイオ~!』❝(とき)の声❞を上げて頑張る子供たち。

   ビオトープ手作り大作戦が開始!

CIMG3763.JPG

吹田市立古江台小学校(今枝校長)では、全校児童参加で
ビオトープ手作り大作戦が開始されました。

   2019年9月、全校児童への説明会や児童との話し合いの結果、
   『自然の生き物と触れ合える場が欲しい』と
      ビオトープをつくる事を決定。

6年生を中心に思い思いの設計図を描き持ち寄って、
     『全ての作業を手作りで行う』の計画の実行です。

CIMG3755.JPG

11月中に樹木の伐採を終え、
 12月16日から児童も参加して「土の掘り起こしが開始されました。

CIMG3758.JPG

今回の工事は『ビオトープの原型を作る作業』で、
    土の掘り起こし、掘った石や土を運ぶ作業です。

各クラスが『スコップ部隊』と『バケツ部隊』に分かれ
交互に作業を進めます。
 第一日目、二日目は表面の土を取り除く作業で、スコップでの作業も
比較的楽でした。

CIMG3761.JPG

    三日目以降深く掘り進んで行くと、石や岩が随所に顔を出し、一向に掘り進めません。
児童達は皆真剣で、積極的に作業を分担、汗だくで頑張ります。

エイエイオ~! 

  疲れを吹き飛ばそうと、
合戦まがいに❛(とき)の声を上げて❜鼓舞する様
  「私たちがお手伝い出来て本当に良かった」と感じる瞬間です。

CIMG3765.JPG

今回の作業は4年生~6年生までの高学年で実施しました。
  最初はぎこちなかったスコップ使いも、すぐに要領を掴み、
大人顔負けの働きぶりです。

木の根っ子、石ころ、岩までもが突然顔を出し、作業を中断させます。
    当初想定しなかった下水溝が顔を出したり、配管にぶつかったりもしました。

  空き地に運び込み積み上げた『残土の山』も子供たちが見上げる程です。

CIMG3792.JPG

      支援者達からツルハシを使って、岩を砕いて貰ったりしながらの作業が続きます。
運ぶ土にも石が多く混ざり、重さを増し、持ち運ぶにも一苦労です。

CIMG3789.JPG

校長先生、教頭先生、担任の先生達も児童に負けまいと・・頑張ります。

CIMG3795.JPG

作業開始の一週間後、ついに原形が出来上がりました。
1週間の間、実に良く頑張りました・・本当にお疲れ様でした。

CIMG3805.JPG

この作業に携わってくれた子供たちは皆、思い残すこと無く
    新年を迎えてくれたと思っています。

   アッパレ! でした。

posted by すいた体験クラブ at 22:25| Comment(0) | ビオトープ作り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月04日

《子供たちも ビックリ!》

わたくし達が支援する中でも唯一の幼児学園です。
 『自然に親しむ ユニークな学園
CIMG3833 (2).JPGCIMG3833 (2).JPG

未就学児を預かる「蓮美学園 千里丘北ナーサリー」は万博公園と目と鼻の先、
高台からは北摂山系や大阪方面を望むことが出来る千里丘丘陵にあります。

水仙郷づくり
この学園(大田正義園長)は敷地内の傾斜地を有効活用、『日本水仙の郷』を作りました。
植えた苗が根付き大きく育つ頃には、一面、水仙の花で埋まる事でしょう!

CIMG3810.JPG
 CIMG3816 (2).JPG

玉ねぎづくり
大きなプランター3つに淡路島玉ねぎを植え付けました。
 大きく育てて収穫が楽しみですね。
小さな苗から大きなタマネギの玉が出来ると、
    幼児達は ビックリする 事でしょうね!

CIMG3812 (2).JPG

花いっぱいプロジェクトに参加
大阪府の『花いっぱいプロジェクト』にも参加、
      (花の種類:キンセンカ、スカビオサ)
その花々を今育てています。綺麗な花が満開になると良いですね!

CIMG3817 (2).JPG  CIMG3814 (2).JPG

椎茸ランドをつくりました 
椎茸が育つ様子を観察させたいと、椎茸ランドを作りました。
幼児達が窓越しに、その大きく育つ様子が見られるよう配置しました。
  驚く事間違いなしですね!


ここ千里丘北ナーサリーでは、
   幼児達に情操教育として、自然の姿を目にさせ、それに触れ、
      感動を覚えさすことにある様です。
posted by すいた体験クラブ at 15:09| Comment(0) | 幼児園での取り組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月26日

《収穫祭の一コマ》

    美味しかった~‼
市内の各小学校からは『収穫祭の便り』が届きます。

IMG_1208[1].jpg

学習支援を担当した学校からは、次々と収穫祭の案内が届いています。
代表して2校のご紹介です。

<お芋パーティー>

鳴門金時を植え育てたのは「1年生」、南山田小学校では
ゆでたさつま芋をホットプレートでホクホクに焼き、子供たちがほお張ってます!
 おいし~イ❕

保護者の方々も大勢お手伝いされ、賑やかで素敵な「収穫祭」(授業)の様子でした。

<おにぎり試食会>

古江台小学校では給食当番用の割烹着を着て帽子やマスクをつけ、おにぎり作りをする・・何と初々しい事か!

学校のミニ田んぼでお米作りをした「5年生は」、
        クラス単位で『おにぎり作り』をしました。

田植えから収穫まで自分たちの手で』、
        「そのお米を炊いて、ほお張る!

 ・・実に❛満足感❜とその喜びが伝わる授業風景でした。

お米は『スーパーで買うもの』から、
      『1から米作りする事を体験』、
          『そしてその大変さを知る』

田園風景が消えてしまった大都会の片隅で、
      『ミニ田んぼや畑を耕し、作物を育て
                    そして収穫する』

その田畑で子供たちは
       『何を見つけ、何を知り、
           何を収穫してくれたのだろうか』

IMG_1198[1].jpg

IMG_1206[1].jpg

IMG_1203[1].jpg

CIMG3800.JPG

CIMG3799.JPG

CIMG3801.JPG




posted by すいた体験クラブ at 20:12| Comment(0) | 収穫祭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする