2016年10月24日

ドジョウとカエルの体験学習

 留守家庭児童育成室を利用する1年生から3年生の児童を対象に、生きたドジョウとカエルに触れる体験学習を実施した。
 留守家庭児童育成室とは、保護者が仕事や病気などのため、放課後帰宅しても留守家庭になる児童の健全育成を図るため、市内すべての小学校内に設置されているもので「学童保育」とも呼ばれています。学習会の目的は、児童に千里地域では見られなくなったドジョウやカエルの生態を教えるとともに、生きものと触れ合うことで命の大切さを感じとってもらうことです。

活動日(8/23、24,25,26)

Cimg1207

Img_3987Img_4076

 

 

 


Img_3962

Img_3963_2

posted by すいた体験クラブ at 14:55| Comment(0) | 佐井寺小学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください