2019年12月10日

《❛大きくな~れ❜ これまで考えた事もない体験》


『玉ねぎは一個いくら位すると思う?』

CIMG3680.jpg















  ・・ の沈黙の後、200円! 300円! 500円!
            と答える元気の良い子供たち! 

お母さんと一緒に買い物をする機会が
            少ないことの表れだろうか。

  「お家に帰ってお母さんに聞いてみてね!」  
リーダーの稲山さんからの優しいアドバイスです



稲の収穫を終えた5年生達、
  今回は『淡路島のタマネギの植え付け』です。
  稲刈り後の田んぼで、「二毛作の体験学習」をします。

準備された畝(うね)に、二列の溝を切ってもらい、約10cm
   間隔で苗を置き、  "愛情を込めて土を掛けて行く"。

  「恐る恐る土を掛ける子」、「心優しく労(いた)わる子」、
     「苗を無造作に土に押し込む子」
       異口同音(いくどうおん)に 
      『 ❛大きくな~れ❜ とつぶやく一瞬だ。』

 玉ねぎの苗は一本約十円(運送費含む)と聞くと今度は納得
    の表情。

大事に育てて、"来年6月”、大きな玉ねぎを収穫しようね!

  ★一本10円の苗をどこまで上手に育てられるか。
  ★約半年後、商品価値が何倍になった玉ねぎを収穫できるか!
これまで考えた事もない体験をすることになる!

 土を掛け根付くよう、(わら)を敷き、更に表面に土を被せ、
   たっぷり水やりをする。 これで本日は終了!

  我われメンバーにとって、
     玉ねぎ以上に、子供たちの成長を心より願う活動だ!
             大きくな~れ!


CIMG3658.JPG CIMG3659.JPG


CIMG3656.JPG
posted by すいた体験クラブ at 17:19| Comment(0) | 佐井寺小学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月04日

<田んぼを耕すことで、心も耕せたか>

CIMG3534.JPG
















 初めての鍬(くわ)づかいに

❛へっぴりごし❜
自信無げな姿も~数分もすると ❛姿は一人前・・❜

各学校では脱穀(だっこく)、もみすりの学習と一緒に、5年生全員で、
稲かりを終えた田んぼを耕(たがや)し、畑にし、畝(うね)づくりを体験しました。
二毛作のタマネギ植え付けの下準備です。

それぞれが十数回、鍬を使って耕そうと奮闘するも、表面の土を搔き寄せるだけ。
思うように耕せない内に❛腰が・・❜お百姓さんの大変さが感じ取れた授業風景です。

耕した後、大急ぎで『畝づくり』をします。
鍬の扱い方や土寄せに集中するあまり、畝の溝が曲がってしまい四苦八苦!

指導者の手伝いも有って畝づくりを完了、最後に『牛糞や苦土石灰(くどせっかい)』を撒いて
完成です。

子ども達は
田を耕す事で少しでも、『心を耕すことが出来ただろうか❕』

CIMG3569.JPG












CIMG3556.JPG

CIMG3561.JPG CIMG3556.JPG
posted by すいた体験クラブ at 20:20| Comment(0) | 佐井寺小学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月27日

<サツマイモほりが終了>

約束は守れましたか?』と問いかける言葉に・・
  『水やり! 草抜き! 声かけ!』
 と答える顔にも誇らしさが一杯です。

吹田市内11校の小学校で行った『さつまいもほり学習支援』も先週末で無事終了出来ました。
各学校で取り組む『サツマイモ栽培体験学習』は1年生や2年生が担当します。
今年も徳島名産で彩も鮮やか、ホクホク感もあると言われる「鳴門金時」を植え付けました。

昨年は猛暑の下、水やりを欠かし不作に終わった事、を反省しての取組みでした。
先生方や児童の意識も高く、今年は殆どの学校で出来が良く、満足のゆく収穫が出来ました。
中には予想もしなかったほど、大きく育ったイモが収穫できたので、先生たち自らが児童達と一緒になって大変な喜びようでした。

初めての体験に「恐る恐る土をいじる子」、「顔を出してるイモに目ざとく手を伸ばす子」、「中々取り出せずに戸惑う子」、「数人がかりで大きなイモを掘りだそうとする子」、どの子供たちの顔にも笑顔がこぼれます。

植え付けから5ケ月あまり、上々の出来具合にリーダーの稲山さん以下各メンバーも、胸をなでおろす瞬間です。


posted by すいた体験クラブ at 20:33| Comment(0) | 佐井寺小学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする